医者

がんの再発を防ぐ|転移を予防する治療を受ける

悪性腫瘍の手術の後は

女性とナース

がんは治療後も転移の可能性がありますので、検診や生活習慣の改善で転移の早期発見、あるいは阻止に努めるようにしましょう。また転移を防ぐには、補助療法といって、体内に残ったがん細胞を退治する方法もあります。抗がん剤や放射線が用いられますが、最近は自分の免疫細胞を使う方法が、副作用が少なくて人気です。

この記事を読む

再発を防ぐ治療の研究

ドクターと患者

免疫療法の利点

がん細胞は増殖力が非常に強いため、手術で取り除いたつもりでも、ほんの少し残っていれば再発する可能性があります。また血液やリンパ液の流れに乗って、最初の患部から遠く離れた臓器に転移することもあります。どこに転移するかは分からないので、あらかじめ手術で取り除くのは不可能です。そこで薬物による治療が行なわれます。転移したがんの治療が難しいと言われるのは、手術や放射線で患部だけを取り除くことができないからです。抗がん剤は全身に散らばったがん細胞を殺す効果があります。しかし正常な細胞を傷つける危険も大きく、使い続けるうちに耐性を持ったがん細胞が生まれることもあります。免疫療法はこうした副作用が少ない点で人気になっています。

手術と薬剤の組み合わせで

たとえば胃がん手術の場合、転移しなければ5年生存率は95%にもなりますが、遠隔転移があると3%にまで低下すると言われています。ですからいかに転移を阻止するかが、治療の大きな鍵になります。一般には手術をした後に、抗がん剤が投与されます。取り残したがん細胞を薬で殺し、転移を防ぐことが目的です。がんを治療するには、転移がない早期のうちに発見し、手術で完全に取り除くのが最も確実な方法です。しかし目に見えない転移に対しては、薬物しか有効な方法がないと考えられます。免疫療法はまだ確実な効果があるとまでは言えませんが、今後の研究に期待が持たれています。またがん細胞の転移だけを抑制する新薬の開発も進められています。

日本人の死因の第一位です

患者

がんは転移する前に早期発見する必要があります。最近では、がん細胞に効果がある免疫細胞療法が注目を集めています。自由診療になりますが、副作用がなく安全に治療できるため話題になっています。

この記事を読む

免疫力を高める新しい治療

看護師と先生

がんが転移しやすいのは血流やリンパの流れにがん細胞が乗って全身に回るからです。再発の時は痛みや症状が違うので、完治したあとも常に注意する必要があります。最近は免疫療法をする病院が増えており人気があります。人間にもともと備わっている免疫力を高め、転移や再発を防ぎ、副作用を軽減する効果があるからです。

この記事を読む